ダウジングの方法とペンデュラムの使い方

2011.03.09(17:05)

1.ダウジングは気持ちの落ち着ける環境で、雑念を振り払うことが重要。
深呼吸や首などを回したり、リラックスな状態にしてください。
※ダウジングをしている最中は常にリラックス状態となります。

2.チェーンはダウジングの反応を敏感に感じることのできる
適度な長さのポイントを親指と人指でもちます。
余ったチェーン及びエッジ部は手の中で包みこむようにします。

3.ペンデュラムのパワーを感じ、あなたの潜在的なエネルギーを信じましょう。
潜在意識下にある内なる自分に「YESを見せてください」と問いかけます。

4.そうするとボブ(ペンデュラムの先端)が動き出します。
※「右回り」、「左回り」、「縦」、「横」、の方向に
ペンデュラムは反応しましたか?人によってボブの動き方は異なります。

5.もし、ボブが動かない場合は、
「私にわかるように大きく動いてYESを示してください」と話しかけてください。
※最初は思うようにペンデュラムのボブは動かないかもしれません。
短時間でよいので毎日続けてください。

6.再度、YESを求めてください。
先程と同じ動きをしたら、それがあなたのYESの動きです。

7.次ぎにNO求めてください。

8.「YES」「NO」。この2つのペンデュラムの動き方を納得できるようにしましょう。

9.単純で明確な答えのある質問をしてください。
感情的な問題や将来についての質問は避けてください。

※本来8番目に「MAYBE」といった動きを求める内容が入りますが、
最初は混乱を避けるため明確な答えの出る質問をする方が望ましいと思います。
そのため9番目では限定して質問としています。

実践は本当に楽しいものです。
8番目ができるようになったら、どんどん実践をしてください。
ダウジングの最初の利用目的は人間が生きるために必要な地下の水脈を探すためだったようです。
類似したケースをつくり、当時の状況にタイムスリップしても面白いと思います。

もっと楽しんで、リラックス!
自己の潜在意識によってペンデュラムは、よりスムーズにその答えを導いてくれます。



この記事をリンクする?:
ダウジング占いの方法 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
カテゴリー
リンク
検索フォーム

DTIブログからのお知らせ